営業リストのようにどこにかければヒットするかしないかわからないものでは。

考えが整理されている、もしくは論理だって考えられる人は料理が上手だと思います。
この例は、味覚というより段取りの方が傾向として高いのですが、
論理力は味の追求にも必要でしょう。
料理が下手な人をみると、大抵は味覚云々の前に段取りが
できてなさすぎることが往々にしてあります。
作る献立を考えて、どう作れば効率的か、何かを作っている間に何ができるか、
それが始める前に思い描ければ上出来です。
なにも料理は、営業リストのようにどこにかければヒットするかしないかわからない、
不確定なものではありません。
ガスもしっかり供給されますし、多少の誤差はあるでしょうが、
同じ食材は同じ時間で茹であがります。
味を追求する前にまずは段取り上手になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です