料理上手のIQを活用して土壌調査のメリットを学ぶ

料理上手のIQを持っている人は、知能レベルが高いだけあって、
土壌調査のメリットを理解するのも早くなります。
料理ではハンバーグや麺の生地をこねることがありますが、
このような能力も活用できます。
土壌調査の場面では、表層部のローム層についての
特性を理解しやすいことも特徴です。
土壌の質感や透水性を把握しやすいですから、
礫層の構造を理解する場合でも非常に有利です。
層序を分析する段階では、比較的に軟弱な沖積層を分析したり、
しっかりと固結した支持層を見つけることも容易になるわけです。
地層の不整合や微妙な硬さの違いが分かるのですから、
専門家と同様に分析ができるのです。
このような能力を活用して土壌調査をすれば、地盤の総合的な強度が分かるため、
防災や減災に役立つことになります。